高达佛劳洛斯,遮断呆人

来源:http://www.huahaolvye.com 作者:玩具模型 人气:200 发布时间:2020-01-02
摘要:转自:FC2作者:soma1/100ガンダムフラウロス完成 鉄血のオルフェンズ第二期も終了しちゃいました賛否あったみたいですが楽しく視聴することができました。登場機体もHG化や1/100化

图片 1

图片 2

图片 3

转自:FC2作者:soma1/100 ガンダムフラウロス完成鉄血のオルフェンズ第二期も終了しちゃいました賛否あったみたいですが楽しく視聴することができました。登場機体もHG化や1/100化などありましたがメイン機体(ガンダムフレーム)の一部1/100化されてないものもあったりとそのうち出るかもしれませんが、劇中でかっこよかった流星号を1/100バルバトス第四形態のフレームを使用して外装を一部スクラッチしたりしてチマチマと進めていました^^と、いらない前置きはこの辺で…1/100ガンダムフラウロス完成画像になります!↓マシンガンはスクラッチ。グリップも引出式にしてます。背負い物はスクラッチになりました…設定画のない裏打ち部分はアレンジしてフレームやプロペランとタンクなど配置してます。フラウロスのみあった変形機構も再現。この色味を出すのに苦労しましたけどうまく調色でき劇中のパープル(ピンク)が出せたかなと満足してますw実物と画像が若干違うのですが…残念なことに自分の撮影技術では再現できませんでした^^;工作記事は気が向いたときにでも備忘録としてUPしようかなと…

汎用ヒト型決戦兵器 人造人間 エヴァンゲリオン初号機 覚醒Ver. ●実際の商品にメカニカルベース フライング3は付属しません。「選択式」で3タイプを再現。初号機 覚醒Ver.登場!コトブキヤプラキットシリーズにて『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のエヴァンゲリオン初号機 覚醒Ver.を商品化!第一弾の「エヴァンゲリオン初号機」でのCAD設計による精密な関節部設計と原型師の手で作り出す洗練されたフォルムの造形との融合をそのままに、覚醒状態のカラーリングを成型色の変更で再現。さらに、新規造形パーツを使用し疑似シン化第一覚醒形態の変遷を再現可能な商品化を行いました。●頭部3種:通常状態から覚醒の進行した劇中終盤までを3形態に分けて選択式で再現。●胸部部2種:通常胸部の他に覚醒状態の胸部を選択式で再現。●左腕部2種:通常左腕部の他に、劇中で欠損後にエネルギー化した状態の左腕部を選択式で再現。●光輪:覚醒時の光輪を再現。●開口ギミック:可動で再現。劇中同様に顎が一段下がってから開閉します。●エントリープラグの連動可動:背面ブロックの可動と連動してエントリープラグが引き出されます。●膝関節の連動可動:腿前面と膝頭が連動して可動。●肩部ナイフ格納部の展開:差し替えパーツにて再現。●首関節の連動可動:上を向く際に喉部が連動して可動。付属手首握り拳、平手、銃持ち手、ナイフ持ち手、指が反った形状平手、鷲掴み形状平手が付属。さらに覚醒状態の手首、握り拳、平手、指が反った形状平手、鷲掴み形状平手が付属。豊富な手首パーツで劇中のシーンを再現可能です。一部塗装済み箇所及びクリアーパーツ●目、顎先端、胸部装甲、襟元、覚醒時の口内等の一部パーツを塗装済み。●目(覚醒2種)胸部コア、光輪&光輪支持パーツ、左腕をそれぞれ劇中をイメージしたクリアーパーツで成型。組み立てただけで劇中のイメージに近いエヴァンゲリオン初号機 覚醒Ver.が再現可能です。スケール :1/400 価格 :¥6,200全高 :約210mm素材 :PS、PE、ABS商品仕様 :組立式プラスチックキット原型製作 :桑村 祐一、千葉 翔平発売日 :2014年7月 カラー※画像は試作品のものです。実際の商品とは多少異なる場合がございます。

转自:どろぼうひげの製作記作者:遮断呆人 24号 完成画像HobbyJapan誌 2016.07 No.565 へ掲載して頂いた、サンダーバード2&4号 の完成画像です。劇中ではフルCGである2号は、明るいグリーンに仕上げ、テクスチャーらしい表現を加えています。2種類のグリーンを重ねる事で、パネル毎の色の違いや質感を表現しました。更に、エナメルによる色調の変化も加えた事で、変化に富んだ塗面を作ってみました。付属のデカールは質も良く、劇中のマーキングを忠実に再現してくれます。エンジンには鋳造表現も加えていますが、スケール的にほとんど判別出来ない程度になっています。コックピットには、照明も加えました。船首部分は取り外し可能で、コックピットの様子を楽しむ事が出来ます。搭乗ハッチの裏にチップLEDを取り付け、照明を点けました。バージルのフィギュアも自作しています。船首のセンサー類は、金属線に置き換えました。キットにはセンサー類のパーツも付きますが、もう少し精度を上げたかったので、金属線で自作したパーツに置き換えています。主翼は展開/収納が可能です。主翼は折り曲げて、格納状態も再現可能です。今回は、主翼の根元にメインスイッチを仕込み、展開すると電飾が点灯する仕組みにしました。外観を一切キズ付けずに済んだのはラッキーです。エンジンやスラスターが点灯します。船体後部に9Vの角型電池を内蔵しており、単体で電飾の点灯が可能です。エンジンは、高速に明減しており、力強い噴射の様子を再現しました。4基のスラスターにもLEDを仕込み、下に向けると発光します。噴射口はディテールを取り払い、曇らせた透明プラ板を通す事で、噴射口全体が光ってくれています。脚は、伸びた状態のものと差し替え可能で、コンテナを降ろした状態でディスプレイ可能です。4号のコックピットにもLEDを仕込み、ハッチを開ける事で電飾が点灯します。コンテナの内部にも、照明を点けました。コンテナには床下にボタン電池を仕込み、単体で発光させる事が可能です。内部は一切改造を行っておらず、塗りワケただけでリアルな表現が可能で、このキットのポテンシャルの高さが伺えます。CGを駆使して、現代風にリニューアルされたサンダーバードシリーズですが、一番の魅力が数々の救助メカである事に変わりはありません。少年時代の憧れであったサンダーバードメカを、ぜひお楽しみ頂きたいと思いました。

本文由澳门新普京官网发布于玩具模型,转载请注明出处:高达佛劳洛斯,遮断呆人

关键词:

最火资讯